資格勉強のために留学せずにリスニング力を上げるには

就職活動や会社の人事評価で英語の資格のスコアが使われています。
代表的な資格試験では、リスニングパートとリーディングパートに分かれていて、それぞれのスコアの合算値が出ます。



中学高校の授業では、文法や読解を中心とした授業を行っているのでリーディングパートは取り組みやすいですが、リスニングはあまりやったことのない人が多いので、どうやって始めたらよいのか迷う人もいます。

カナダ留学の問い合わせ情報について考えます。

ある程度資格の勉強を続けていくと、リスニングは慣れが大事だということが分かってきます。

Youtube関する便利な情報が満載です。

耳が慣れてくると最初は聞き取れなかった英語の発音や単語が分かってくるようになります。


高校生や大学生が海外留学してしばらく経つと、周りの言っていることがきちんと聞き取れるようになるのですが、これは英語の発音に耳が慣れたからです。

留学すれば英語に慣れるのは早いですが、必ずしも留学しなければリスニングが上達しないわけではありません。

日本にいながらでも留学せずにリスニング能力をあげることも可能です。
大事なことは、自分で発音できない単語は聞いても聞き取れないということです。

単語を覚えるときには単語の発音も一緒に覚えることが大切です。
全然違う発音で覚えてしまうと、正しい発音が聞こえてきても覚えた意味が思い浮かぶのは難しいです。

最近の英語教材には必ずと言っていいほどCDが付いていて、ネイティブが収録した単語や英文が入っているので、聞きながら勉強するのが良いです。