留学のための資格として

留学というのは、良いキャリアになることが多く、アピールできるようになります。

もちろん、何かしっかりと目的があってやるべきことでもあります。

資格、というほどのことではないのですが、最低限できないといけないスキルがあります。


それが外国語であり、つまりは、留学先の公用語ができないことには話にならないのです。


ですから、留学をするときには、外国語のスキルが求められることが多いです。



公的に認められている資格というよりは、スキルシートにかける試験があります。

つまりは、そうした試験で何点以上であれば、留学を認める、ということがあるのです。


自由勝手に留学するならば、まったくそんなことは気にしないで良いのですが、大学にしっかりと通うのであれば、それは確実に必要になります。



要するに大学にきても、話が通じないのであれば、まったく意味がないからであり、そうしたことを最低限の条件にしているのです。

ですから、ある意味ではそれが資格であるといえます。


大抵のところは英語ですが、国によって違うことは多くあります。


英語圏の国であれば、大抵は公用語が英語であるか、少なくとも大学の授業で英語で受けられるようになっていますから、それができれば、特に問題ないです。
但し、自己申告では意味がないので、公的に認められる試験を受けることになるわけです。



就職のときに役に立ったり、或いは人生経験になることですから、一度くらいはやってみるべきです。